新型コロナウイルスワクチンの公費について

新型コロナウイルスワクチンの全額公費による接種は、令和6年3月31日で終了しました。
令和6年4月1日以降、65歳以上の人などには新型コロナウイルス感染症の重症化予防を目的として秋冬に予防接種法による定期接種が行われ、一部自己負担(一部公費負担)が発生します。
定期接種以外で接種を希望される場合には、任意接種として、全額自己負担で接種を受けていただくことになります。

当院では、現在のコロナワクチン接種は行っておりません。
任意接種の対応は5月以降になる予定です。
またご案内させて頂きます。

※令和6年4月1日以降の接種では、定期接種、任意接種に関わらず接種券は不要です。
これまで送付させていただいている接種券は使用できません。